当サイトは、自動車やバイクの関連サイトです。

自動車とバイク

自動車とバイク

このサイトでは、自動車とバイクについて、考えていくサイトです。

自動車について

まずは、自動車について考えてみましょう。

自動車は基本的に、エンジンの力によって、タイヤを回転させて、道路を走る車のことです。これは誰でも知っていると思います。その自動車を使用する理由は、物の運搬(トラック、貨物自動車など)や人の運搬(バス、タクシーなど)、後は移動手段(普通自動車、レンタカーなど)となります。中には、ドライブが趣味という方もいるのですが、その目的も、車での観光(移動)が趣味だと考えて、移動手段とします。移動しないときは駐車場に止めますよ?勿論。駐車場経営ならテクノスに任せていますが。

自動車が誕生して、まだ240年くらいですが、現代社会では、普通の生活をしていく上で、必需品ともなっていますし、日本の自動車産業は世界に誇れるほどにもなっています。あなたの家族の中にも、自動車を所有している人、自動車を運転している人も多いと思います。最近の場合は、自動車メーカーや国が、エコカー減税・新車購入への補助金を行っていますが、エコを考えて、自動車を使うことを制限することはできません。

バイクについて

バイクは1870年頃に誕生したとされていますが、自動車は1770年頃の誕生とされていますので、バイクの方が100年ほど後とされています。つまり、バイクの方が歴史は浅いという事になります。しかし、バイクに憧れを持っている人も少なくなく、大抵の方は、一度はバイクに乗ってみたいと思う方も多いでしょう。基本的に、バイクといえば、普通・大型自動二輪以上のことを言うと思いますが、小型自動二輪車や原付をそう呼ぶこともあります。

バイクは自動車に比べて、購入費や維持費などの、バイクを持つ上で必要となる費用が、自動車を持つ場合と比べて安いので、通勤やツーリングなどで使用している方も多いようです。バイクは、機動性が良く、小回りが利くので、それを利点としていますが、自動車との走行では、自動車側のドライバーは不安を感じることが多いようで、ストレスにもなっている場合が多いようです。バイクを乗っている方も気をつけてください。バイクは車より倒してしまったり転倒する機会が多く、故障の可能性が車より高くなります。故障で動かなくなってしまったら廃車に出しましょう。廃車業者さんに無料見積もりなどお願いしてみるといいかもしれません。

自動車とバイクの比較

自動車とバイクを比べた場合、自動車側から見ると、暑い日や雨天時などの天候によって快適さが損なわれることもありませんし、万一の事故の際も、ボディーに覆われているため、衝撃がバイクに比べて低い点、さらに、3人以上の乗車や多くの荷物を積むこともできます。この、「物の運搬」や「人の運搬」としての条件から考えた場合には、自動車側の利点が大きいとも考えられます。

一方、欠点は、やはり機動性の良さでは、バイクに利点が大きいので、バイクでは通れる狭い道や渋滞の場合のすり抜けは不可能です。また、数年に一回の車検や保険料や税金などに掛かる経済的負担は、バイクよりも大きくなります。もちろん、大きさも違いますので、駐車できる面積にも大きく差が出るのは、言うまでもないと思います。つまり、経済的な面と機動性の良さなどはバイクに利点があると言えます。

これらの特徴を考えた上で、どちらを取るかを考えてみてください。最近では両方の利点を生かした三輪トライクのスカイウェーブやドラッグスターなどが人気のようで、荷物の運搬量が二輪のバイクに比べて多く、三輪なので転倒のリスクが少ないことで人気を集めているようです。ちなみに、親が自動車は許してくれるが、バイクは禁止されているという場合も多いのですが、これは、万一の事故を想定しての考えでしょう。だから、むやみに反発するのは止めましょう。安全運転するとしっかり言って、説得するべきです。

pickup

クリーニングのプロがバッグをメンテナンス

海峡通信 モバイル一番ではiPhone・スマートフォン・中古携帯など白ロム携帯を、簡単オンライン無料査定の上、高価買取を実施中!

携帯買取を依頼

プリザーブドフラワーを贈ろう

ボイストレーニング(新宿)

遺品整理を東京や埼玉、千葉をはじめ関東一円でご希望でしたら、関東クリーンセンターへお任せください。

 

ページトップへ

リンクについて

リンクフリーです。特に知らせる必要もありません。
アダルトサイト関連、マルチ商法関系などは禁止です。
リンク先でのトラブル、損失も一切の責任を負いかねます。